ハワイ総合情報局

ハワイに関する様々な情報を発信しています

ワイキキのレストランスタッフに聞いた!日本人が気をつけたいマナー

2016/06/09

スポンサーリンク

今回はワイキキのレストランで実際に働いているスタッフの方に、日本人観光客がハワイのレストランで注意したいマナーや気をつけたいことついてインタビューし、まとめました。

ハワイ レストラン マナー (5)

スポンサーリンク

 

注文の時に手をあげて大声で呼ばない

 

ハワイ レストラン マナー (2)

日本では注文の際にホールスタッフが近くにいないときは「すみませーん!」や「注文お願いしまーす!」と言って手を挙げてスタッフを呼びますよね?

でもこれ、実はハワイのレストランではマナー違反になります。

日本人の感覚としては注文をしたい時にスタッフが近くにいないと手をあげて呼びたくなりますが、ハワイの人たちにとってはとても失礼な行為です。

「育ちの悪い人だな」と思われても仕方のない行為なので絶対にやめましょう。

注文するときはスタッフがテーブルに来るのを待つか、スタッフが近くに来た時に「Excuse me?」とスマートに声をかけるのが正解です。

間違っても大声で「HEY!」などとは叫ばないようにご注意を。

 

チップを忘れない

ハワイ レストラン マナー (4)

日本にはチップを払うという文化がないため、忘れやすく注意が必要です。

チップを忘れた場合、スタッフから嫌な客と思われるか、自分が何か悪いことをしたかと勘違いさせてしまいます。

チップを忘れるというのはとても恥ずかしいことだと認識し、絶対に忘れないようにしましょう。

チップの平均は15%ですが、明らかに態度が悪いスタッフなどには15%を払う必要はありません。

 

お酒を飲む際はパスポートを忘れない

ハワイ レストラン マナー (3)

ハワイでお酒が飲める年齢は、日本と違って21歳からです。

そしてもちろんレストランでお酒を飲む際にはパスポートなどの身分証明書の提示が必須です。

パスポートを持ち歩くのがどうしても不安でしかたがない場合はパスポートのコピーを持っていきましょう。

ただ、ほとんどのレストランではパスポートのコピーで大丈夫ですが、中にはパスポートの現物でないとダメというレストランがあるかもしれないので、確実にお酒を飲みたい方はパスポートの現物を持っていくことをおすすめします。

また、日本の運転免許証でも大丈夫なお店もありますが、免許証の誕生日は昭和や平成といった年号表示のため、日本語のわかるスタッフがいないと確認できず、断られてしまうこともあるのでパスポートの方が確実です。

 

できるだけ日本語で話しかけない

ハワイでは日本語が通じるというイメージを持つ日本人が多いためか、どこでも日本語が通じると勘違いしてスタッフに最初から日本語で話しかける人がいますが、日本語が話せないスタッフは困ってしまいます。

ハワイはあくまでも英語圏の観光地です。郷に入れば郷に従え、英語に自信がなくてもとりあえず英語で話しかけてみましょう。

もちろん、日本語OKと謳っているお店やスタッフが日本人の場合は日本語で話しかけても大丈夫です。

 

レストランに喫煙スペースはない

ハワイ レストラン マナー (1)

喫煙所の場所を聞いている日本人観光客の方が多いのですが、ハワイのレストランは全店禁煙です。

レストラン内に喫煙スペースがあることはありません。

そのため、タバコを吸いたい場合は必ずレストランの外に出て、喫煙所を探さなければなりません。

どうしてもタバコが吸いたい人は、事前にレストランの近くにある喫煙所の場所をチェックしておきましょう。

 

お酒は一種類しか頼めない

ハワイのレストランでは同時に2種類のお酒を提供することが法律で禁止されています。

例えば、ジョッキにビールが残っている状態で、ワインや焼酎を注文することはできません。注文したとしても、頼んだお酒が出てくるのは残ったビールを飲み終わった後です。

例外として、ウォッカやテキーラのショットをビールやカクテルなどと同時に飲むのは許可されています。

組み合わせがよくわからなくても、基本的にダメな組み合わせの場合はスタッフが1杯ずつしか出してくれないので、客側があまり気にする必要はありません。

 

ボトルの持ち帰り禁止

ハワイのレストランでは焼酎やワインの飲みかけのボトルの持ち帰りは禁止です。

ボトルの持ち帰りは法律で禁止されており、持ち帰らせてしまうとお店側にペナルティが課せられます。

そのため、ワインをボトルでオーダーするときは飲み干す覚悟でオーダーするか、キープしてもらいましょう。

 

酔っぱらった状態でレストランに入ってはいけない

これはお店によりますが、泥酔客が来店した場合、店側は入店を拒否することができます。

これはハワイの法律で決まっていることで、泥酔を理由に入店を断られたら客側はどうすることもできません。

一軒目でいい気分になって二軒目をハシゴしようとしたら入店を断られて、怒ってトラブルにでもなったりしたら、せっかくのハワイ旅行が台無しになってしまうので気をつけてください。

 

スタッフとのコミュニケーションは大切に

日本ではあまりありませんが、ハワイのレストランでは食事中や食後に、スタッフがほぼ必ず「How was your dinner today?(今日の夕食はどうだった?)」や「Everything OK?(他に必要なものはありますか?)」と声をかけてきます。

その際は、「Dinner was great(とてもおいしかったです)」や「we're fine,thank you(大丈夫です。ありがとう)」と返しましょう。

 

 

スポンサーリンク

-暮らし・生活, お役立ち情報
-, , ,